英語の学び方とEAメソッド

イングリッシュ アベニュー メソッド【EAメソッド】について以下にお話ししていきます。

 

英語を独学しようとした場合、何が問題になるのでしょうか?

そこには主に3つの問題が考えられます。

  1. 到達目標を明確に設定していない。

  2. 英語学習法が間違っている。

  3. 英語に費やす時間が十分ではない。

 

【EAメソッド】は、これら3つの問題点について、ソリューションを提供する学習法です。

 

「何年くらいやれば英語を話せるようになりますか?」とよく尋ねられます。

そこで、どのレベルで話せるようになりたいのか聞きます。すると答えは、「一通りのことを英語で言えるようになりたい。」と、漠然としたものが多いのです。

そこで、最初に到達したい目標を明確に設定する必要があります。

学校を卒業後、英語から遠ざかって10年ぶりに英会話を始めるという典型的な生徒さんの場合、中学3年レベルの英語でfluency(流暢さ)を高めることを目標にすることをお勧めしています。

 

  1. 最初の目標は中3レベルに設定

最初の目標は、「中学3年レベルの英語で自由自在に話せるようになること」に設定します。そう提案すると、

優秀な大人の生徒さんは、「TOEIC900点をとっているし、時間の無駄にならないか?」「そんな英語は幼稚に聞こえるのではないか?」とおっしゃいます。でも、安心してください。幼稚には聞こえません。なぜでしょうか?

 

日本人は、日常会話をする時「漢語」(漢字二文字できた単語、例:避難(逃げる)、危険(危ない)や三字・四字熟語など)を普通に使いますが、英語の日常会話では、難しい単語(ラテン語・ギリシャ語由来の長い単語)を使って話すことはほとんどありません。

試しに、アメリカ大統領のツイッター(@POTUS)を見てください。

話し言葉においては、英検1級に出てくるような難解な単語ではなく、英語の「本来語」を使って話されています。英語の「本来語」とは、日本語の「やまと言葉」に相当するもので、ラテン語・ギリシャ語由来の単語は日本語の「漢語」に相当します。例えば、endeavorよりもtry、terminateよりもend、contributeよりもhelpを使って話すのが普通で、自然なのです。……

 

【EAメソッド】についての詳細は、こちらからご覧ください。👉(続く)

お問い合わせ

体験レッスンのご予約は、

         info@english-ave.net

                 ☎︎ 03-6303-3890